東洋交通の強み

タクシー業界最大手の日本交通と業務提携し、その圧倒的なブランド力でタクシー業界の地位を確立して参りました。
その品格やブランドを受け継ぎ、社員一丸となって後世に「徳」を残せる、品格の高い超優良企業”エクセレントカンパニー”を目指します。

都内に専用タクシー乗り場を設置

日本交通グループでは、月間の平均出庫台数は約133,205回と乗り場出庫台数も多く、また、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、日本テレビタワーなど、 お客様の多いエリアに専用のタクシー乗り場を都内30ヶ所以上に配置していますので、安定した売上を確保できます。

優良サービスと認められた日本交通グループだからこその強みです。

主な専用乗り場

  • 愛宕グリーンヒルズ
  • 品川インターシティ
  • 六本木ヒルズ
  • 泉ガーデンタワー
  • 汐留住友ビル
  • セルリアンタワー東急ホテル
  • 東京汐留ビルディング
  • 日本テレビタワー
  • 住友不動産三田ツインビル西館
  • 東京ミッドタウン
  • 汐留ビルディング
  • 紀尾井町ビル
  • 虎ノ門病院
  • 慶應義塾大学病院
  • ザ・キャピトルホテル東急
  • 東京アメリカンクラブ
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 代官山 T-SITE
  • トレードピアお台場

全国約10,000社と法人チケット契約

タクシーチケットとは、日本交通グループ専用の小切手のようなもの。
日本交通グループは全国約10,000社と契約しています。 更にチケット利用のお客様は長距離のケースが多いのです。
つまり日本交通グループのタクシー乗務員は、長距離のお客様を効率的に獲得できるのです。

月間平均24万回以上の無線配車実績

日本交通グループでは、月間平均24万回以上の無線配車実績があります。
日本交通は、この無線配車回数も多いのが特徴。他無線16グループと比較しても3倍以上の実績があります。

また、無線配車は1乗車あたりの平均売上が高いことも特徴です。
そのほかGPSカーナビ対応のデジタル無線を業界に先駆けて採用。 お客様に一番近い車両が配車される仕組みになっています。

手軽にタクシーを呼べるアプリを導入

スマートフォンから簡単にタクシーを呼べるアプリ「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」。
スマートフォンならではの直感的な操作とGPS機能で日本交通グループ及び日本交通関連会社含む全国47都道府県の提携タクシー会社から、 お客様のご乗車場所近くを走行中の車両を簡単操作で呼ぶことのできるアプリケーションで、乗務員にとっては新たなお客様を獲得できる大切な営業ツール。

おかげさまで、「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」を提供後、これまで多くのお客様からご支持いただき、アプリ経由のタクシー売上が大幅にアップいたしました。