運輸安全マネジメント

HOME > 運輸安全マネジメント

応募はこちらから
東洋交通株式会社

運輸安全マネジメント

平成18年10月1日より法律改正により運輸安全マネジメントの導入が義務付けられました。
社長、管理者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
また、現場における安全に関する声に耳を傾け現状の状況を十分踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

1.輸送の安全に関する基本理念および基本的方針

東洋交通では、社訓「エクセレントカンパニー宣言」において、 「お客様第一主義を貫き、安全・遵法・品質・環境を究めます」と謳っています。すなわち我々の提供するサービスの第一が「安全」であり、 それを究めるのが我々の存在意義である、という宣言です。
この社訓を実現して輸送の安全確保を的確に図るため、東洋交通は、まず社長、取締役が率先垂範して、以下の2点を徹底させることを誓います。
1.関係法令等の遵守と安全最優先の原則
言うだけでなく自分から行動し、安全に対する社内の意識を高めます。
2.安全マネジメント態勢の継続的改善等の実施
論理的にPDCAサイクルを廻し、輸送の安全の確保にリーダーシップを発揮してまいります。

2.輸送の安全に関する重点施策

・輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。
・輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的かつ効率的に行います。
・輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
・情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
・教育、研修の具体的な計画を策定し、的確に実施します。

3.輸送の安全に関する目標

(1)自動車事故報告規則第2条に基づいて報告を必要とする事故の発生件数を年間で≪0件≫とする。
(2)二輪車が関係する事故の発生件数を前年実績に比して半減させる。
以上2点を目標として掲げ、全社員が一丸となって『運輸安全マネジメント』の重要性を意識した行動をすることにより、 仕事を通して後世に≪徳≫を残し、安全を究めた品格の高い超優良企業をつくることで達成を目指します。

応募はこちらから