認知症サポーター養成講座

HOME > 社会貢献活動・CR活動 > 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座とは

たとえば、町でお年寄りに道を聞かれたとき、普通のお年寄りと同じような案内をすると認知症の人は混乱することがあります。
また、同居している家族の方が 認知症になったときに、認知症が病気であることを理解していれば、お年寄りの心を傷つけない対応をすることができ、早めに医師の診療を受けて病気の進行を遅らせることが可能な場合もあります。 認知症サポーターとは、認知症に関する正しい知識と理解を身につけた人のことです。

特別に何かの活動を要求されるわけではありませんが、認知症サポーターが、日常生活の中で認知症の人と出会ったときに、その人の尊厳を損なうことなく、適切な対応をすることが、認知症の人と認知症の人を介護する家族の支えになります。
地認知症サポーターとして、認知症の人と家族への応援者となり、認知症になっても安心して暮らせる町づくりを応援します。

◎資格取得費用は会社が全額負担します。

講座終了後

講座を受講したら、認知症サポーターです。 認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をお渡しします。
「オレンジリング」が連携の「印」になるような社会を目指します。

応募はこちらから